2009年09月20日

イベントレポート

9月13日(日)
「ラリーアーメンバーズクラブミーティングin箱根ターンパイク」 開催される

晴天のもと、日本一の山、富士山をバックに記念撮影

9月13日(日)に快晴のもと、神奈川県小田原市の「TOYO TIREターンパイク」のビューラウンジおよび駐車エリアにてラリーアートメンバーズクラブ(RMC)のイベント「ラリーアートメンバーズクラブミーティングin箱根ターンパイク」が開催され、参加した会員は各々交流の時間を楽しく過ごしました。又同時に行われた、木全巖氏(元マルボロ三菱ラリーアート総監督)を講師にB級ライセンス講習会も行われ、参加者はモータースポーツの基本事項からワークスチーム時代の裏話まで熱心に受講しました。

 
富士山を背景にいつもよりリラックスしている?Tuned by RALLIARTの2台(左、ギャランフォルティス スポーツバックラリーアート、右、ランサーエボリューションX)

  カーコンテストで優勝されたNo.1トミマキ仕様ランサーとオーナー様
 
スタンプラリー中の参観者(リエゾン風?)   意外に難しいサークルゲーム(パイロンで区切られた狭いスペースに進入し、切り返して脱出する間の時間を競う)

開会式には、会場提供でご協力を頂いている箱根ターンパイク株式会社 代表取締役社長 田辺伸章様より御挨拶頂き、続いて主催であるラリーアートメンバーズクラブ(RMC)井口事務局の挨拶で西は兵庫県、愛知県、東は茨城県から集まった19組の参加者による、自己紹介と愛車PRで幕を開けました。昼間のイベントは参加者によるサークルゲームとコマ図を使用したスタンプラリー。サークルゲームは昨年、好評につき行われるものでこの日のために密かに練習して来たメンバーも。また、スタンプラリーではシークレット問題があり、後のプレゼントコーナーで喜怒哀楽が発生?そして、カーコンテストの表彰式。プレゼンターはB級ライセンス講師として参加した木全氏。独特の世界観による参加者車両の順位付けは納得や?もあり、「ここのアクセントが足りない」と指摘された参加者が帰りに販売コーナーで思わず買い求め、「新しい販促か?」との声も聞かれましたが、当方そういう意図はございませんのであしからずご了承下さいませ。
さて、カーコンテストはトミー・マキネン仕様のランサーエボリューションが1位に輝き、表彰式ではジャンケンゲームも行われ、賞品目指して盛り上がりました。朝からイベントを見守って下さった、箱根ターンパイク株式会社社長の田辺様から閉会のご挨拶を頂き、会員とスタッフとの交流の時間は無事幕を閉じました。

 
真剣勝負のじゃんけん大会

  1日お付き合い頂いた、箱根ターンパイク株式会社の田辺伸章社長
「ラリーアートメンバーズクラブ」では、このようなイベントを通じて新たなメンバーとの出会い、車をテーマとした楽しい時間を過ごすきっかけになればと願っております。今後更にメンバーからの新しい提案や楽しい情報交換によるイベントを企画、開催して参りたいと思います。参加された方以外でもぜひ、アイデアをお聞かせ下さい。