Group N information
LIST OF HOMOLOGATION
NEWS HEADLINES LIST OF HOMOLOGATION Gr.N PARTS INFORMATION RALLIART HOME

FIA公認情報
FIA公認書について
グループN車両の規則、定義、公認
FIA公認書の入手方法
TOPへ戻る
Group R4 Informationへ
FIA公認書とは   FIA国際モータースポーツ競技規則付則J項
「第251条:分類と定義」、「2.1.8公認書」からの抜粋(2005年1月現在)

FIAが認める全ての車両は 、公認書と呼ばれる書式に従うこと。
これには 、当該型式の識別を可能にする全ての諸元が記載されている。
この公認書は 、製造者によって示される量産車両を定義付けるものである 。
競技者が競技を行うグループに従って、当該量産車両に対し国際競技で認められる改造限度は、付則J項に述べられる 。
オーガナイザーは車検の時、及び/またはスタートの時に公認書の提示を要求することができ、競技者が提示を行わなかった場合には 、出場を拒否することができる。
グループNに関しては 、このグループに関する公認書とは別に、グループAの公認書も提出しなければならない 。

このように定められている公認書には各種の数値が記載されており、実際の競技車両はその数値に合致していなければなりません。例えば純正品でもグレードによって違うバンパー等の公認されていないものを使用してはいけません。また、エンジンのオーバーサイズピストンも公認書の数値とは異なるため使用することはできません。公認書の数値は絶対的なもので、それに合致していることが公認車両と同一あるいは公認パーツと同一である証となり、車検員などの判断の基準となります。また、グループN車両で競技に出場する場合、当該車両のグループAの公認書も必要となることに注意しなければなりません。
FIA公認書の分類   FIA国際モータースポーツ競技規則付則J項
「第251条:分類と定義」、「2.1.8公認書」からの抜粋(2003年1月現在)

1. 基本型式を記述する基本書式
2. 「追加公認」を記述する任意の数の追加書類( 「変型 」 、 「誤記訂正 」、 「進化 」に分類)
変型(VF、VP、VO、VK)
供給変型(VF:1つの製造者に対し 、2つの供給者が同一の部品を用意しており 、顧客は選択する機会を持たない)
プロダクション変型(VP:要求により供給され、販売店で入手可能)
オプション変型(VO:特別な要求により供給される)
キット変型(VK:特別な要求により供給される)
設計された車両の全ての技術的データがその車両に適用される公認書の記載事項に合致しているか、または付則J項で明確に認められている場合にのみ、競技者は 、いかなる変型または変型の部品を希望通りに使用することが許される。 ターボチャージャー、ブレーキ、ギヤボックスに関しては、複数のオプション変型を組み合わせて使用することは禁止される。 例えば 、変型の公認書に記述されているブレーキキャリパーの取付けは 、入手したブレーキライニング等の寸法が、当該車両に適用される公認書に明示されている場合にのみ可能となる。 キット変型に関しては 、その製造者が公認書に記載した条件下に限り使用が認められる 。 これは、適用される場合、特に競技者が全体として捉えるべき部品群 、及び遵守すべき仕様に関わっている 。
誤記訂正(ER)
製造者により、先に書式で提出された情報の差し替え、または削除
   
進化(ET、ES)
基本型式に対して恒久的に施された変更の特徴を示す正常進化(ET:従来の書式による車両の製造が完全に停止した場合)、型式をより競技向けに変更することを意図したスポーツ進化(ES)
正常進化(ET)-車両は、工場から出荷された期日とは無関係に正常進化の特定の段階に合致していなくてはならず 、従って、正常進化は 、完全に適用されるか、または全く適用されないかのいずれかでなくてはならない。 更に、競技者が特定の正常進化を選択した時点から、それらが相容れない場合を除き、以前の全ての正常進化が適用される。例えば 、2つのブレーキの正常進化が相次いでなされた場合、車両の正常進化の段階の日付に対応するもののみが使用される。
スポーツ進化(ES) -スポーツ進化の公認書は以前の追加公認、あるいは基本公認書に関連するので、車両はこの関連事項に相当する正常進化の段階に一致していなければならない。なお、スポーツ進化は、完全に適用されなければならない。

このように一つの車両について、いくつもの種類の公認書があるので、実際に公認書を入手する際は必要なものをあらかじめ当ウェブサイト「Gr.N Information」などで調べた上で入手してください。組み合わせて使用する公認書やグループN車両がグループAの公認書も必要であること等に注意しなければなりません。