• トップページ
  • ラリーアート パーツ
  • クローズアップ パーツ
  • RALLIART Sports Parts for ギャラン フォルティス スポーツバックRALLIART

Close-up ITEM - RALLIART Sports Parts for  ギャラン フォルティス スポーツバックRALLIART

スポーツサスペンションキット&スポーツブレーキパッドセット しっとりと接地させ、きっちりと止まる。

 街中からワインディングロードを楽しめるような足にしました。特にスポーツサスペンションに起こりうがちな、舗装路面の段差や継ぎ目のショックを減らすことにはかなり気を使いました。まず純正のスプリングが硬めと感じたので、もう少ししなやに動くようなスプリングに変更しました。ショックアブソーバーの減衰力もスプリングに合わせて細かく設定を変更して、気持ちのいい足に仕上げています。また乗り心地を改善するためにロール量もできるだけ抑えた味付けにしました。分かりやすく言うと、タイヤを路面にしっとりと接地させる仕様でしょうか。テストは愛知県にある三菱自動車技術開発センターのテストコースで集中して行いました。何日にもわたってテストを行うと、路面や車両のコンディションも微妙に異なってきますから、ビルシュタインのエンジニアにも岡崎のテストコースまで来てもらって、その場でショックアブソーバーを組み替えてもらうなど対応してもらいました。サーキットのようなハンドリング路、街中の凸凹を再現したようなフィーリング路、急ハンドルを切ったりする汎用路などを使い設定を決めたところで、テストコースは終了。街中の道路や高速道路も走行して確認を行っています。

 結果、より多くの方に乗り心地がいいと感じていただける仕様になったと思います。タイヤがきちんと路面に接地しますからハンドリングも良く思うように曲がってくれますし、より高いレベルで速く走ることを楽しめるようになっています。足まわりだけでなくブレーキパッドなどトータルでチューニングをすれば、もっとクルマを運転する「楽しみ」を知ることができると思います。

スポーツブレーキパッドセット
 こちらもテストでは何種類もの摩材の異なるブレーキパッドを準備したのですが、ギャラン フォルティス スポーツバック RALLIARTというクルマの特性を考え、ハイスピードや過酷な条件下でもきちんと止まるブレーキパッドを選びました。このため多少、ブレーキが鳴く場合もあるかもしれません。比較のために市販されている汎用のスポーツブレーキパッドを何種類もテストしてみましたが、純正装着のブレーキパッドの方が性能的には優れていました。この純正を上回る性能を求めたのが、今回発売することになった『スポーツブレーキパッドセット』です。こちらは交換してすぐにフィーリングの違いが分かると思います。初期動作からの効きも良く、きっちりとクルマが止まってくれる安心感があります。『スポーツサスペンションキット』とのトータルチューニングをお勧めします。街中からワインディングロードまで安心してドライブできる足となるでしょう。

ラリーアート 田口勝彦
(FIAアジアパシフックラリー選手権 チームMRFタイヤから参戦中)

RALLIART スポーツサスペンションキット&スポーツブレーキパッドセット

RALLIART スポーツサスペンションキット&スポーツブレーキパッドセット

RALLIART スポーツサスペンションキット&スポーツブレーキパッドセット

RALLIART スポーツサスペンションキット&スポーツブレーキパッドセット