ラリーアート・ジャーナル VOL.79

− ミラージュ・インターナショナル・ラリーアートカップシリーズ −

  • 世界選手権第9戦/アジア・パシフィックラリー選手権第3戦

      WRC第9戦ラリーニュージーランドが、アジア・パシフィックラリー選手権との併催で7月24日から4日間にわたり開催された。
      スタートからの悪天候でハプニング続出のラリーとなった。マキネン選手の慎重な走りと、攻める走りのバーンズ選手。
      さて、どちらの選手に軍配があがったのだろう?!
  • アジア・パシフィック選手権第2戦/555チャイナラリー

      6月19日からの4日間、雁栖湖畔を舞台として開催された第2戦『555チャイナ・ラリー』の第2レグで燃料ポンプのトラブルで苦戦を強いられた片岡良宏選手。
      チャンピオンポイントは首位を守れたのか??
  • クロスカントリーFIAワールドカップシリーズ第5戦/バハ・オブ・ポルトガル・テレセル1000

      「PIAA三菱ディーラーチーム」で出場の篠塚健次郎選手は、プロローグランでよもやのパンクで28位と絶望的なラリースタートとなってしまった。
      度重なるトラブルの中で見せる“健次郎アタック”でどこまで追い上げることができたのだろうか!!


− コラム:どこまでホント? モータースポーツおまけフロッピー −
    より速く走るために、レースごとに交換するエンジンオイル。エンジンのオーバーホール。
    タイヤは1レースで終わり。モータースポーツの世界ではなんでも潤沢に使ってしまう。
    それもこれも、全てエンジンパワーの節約のためだ!?
    えっ!? それってどういうこと? ラリーアートジャーナルを見て勉強しよう!


− ミラージュ・インターナショナル・ラリーアートカップ・シリーズ第3・4戦 −

    第3戦は6月20日(土)・21日(日)に鈴鹿サーキットで開催された。
    予選でポールポジションを獲得したのは吉田寿博選手だ。決勝では吉田選手を先頭に、織戸学選手、見並秀文選手、吉冨章選手のテール・ツー・ノーズの争いとなった。
    さて優勝に輝いたのは?

    第4戦は8月1日(土)・2日(日)スポーツランドSUGOで開催された。
    ポールポジションは見並秀文選手が獲得した。
    雨の決勝では、シリーズポイント首位・織戸学選手がコースアウト、リタイヤとなる波乱のオープニングラップとなった。
    シリーズポイントの争いが注目される!


− それぞれのミラージュカップ・シリーズ結果一挙公開! −

  • ミラージュ・カープラザカップシリーズ第3戦

      筑波サーキットを舞台に、新井薫選手とエド・ムラサキ選手の激しいバトルが展開される!


  • ミラージュカップ・東北シリーズ第2戦

      仙台ハイランドレースウェイで開催された。ポールポジションの高橋しげる選手を七海幸裕選手が追撃!
      高橋選手は2連勝を飾れるのか??


  • ミラージュカップ・関西シリーズ第3戦

      TIサーキット英田で開催された第3戦は、ワンデーレースのため午前7時30分から予選、11時24分からの決勝レースとなった。
      ポールポジションを獲得した森口慎吾選手はファステストラップを記録する!!


− 全日本ラリー選手権(4輪駆動部門)第5・6・7戦 −

      4輪駆動部門は、第5戦は6月13日(土)・14日(日)群馬県で、第6戦が7月4日(土)・5日(日)北海道で、第7戦は宮崎県を舞台に行われた。
      Bクラスでは鎌田豊選手が無敵の強さを見せて3連勝。


− 全日本ダートトライヤル選手権第4・5・6戦 −

      第4戦が、6月21日(日)北海道砂川市のオートスポーツランドズナガワで、第5戦が、7月12日(日)栃木黒磯市の丸和オートランド那須。
      そして第6戦は8月2日(日)石川県鳳至郡の門前町モータースポーツ公園で開催された。
      AUクラス、AVクラス、AWクラス、CUクラス、CVクラスの結果が、ラリーアートジャーナルにそれぞれ掲載されているから、チェックしてみよう!


− スーパー耐久シリーズ第5戦 −

      7月17日(金)〜20日(月)に「第5回十勝24時間レース」が十勝インターナショナルスピードウェイにて開催された。
      予選は中谷明彦選手/小幡栄選手/小暮吉則選手が1番グリットを獲得。
      決勝は、ランサー・エボリューションX勢が1・2・3を独占する! 


− 全日本ジムカーナ選手権第5・6・7戦 −

      シリーズももう後半戦! 第5戦は6月28日(日)スポーツリンク・チトセで、第6戦は7月19日(日)三井三池オートスポーツランド、第7戦が8月9日(日)ツインリンクもてぎで最終戦を待たずに、高橋利武選手のシリーズチャンピオンが確定した!


− ラリーアートエンジョイミーティング開催 −

      モータースポーツの楽しさを体験し、正しく安全なドライビングテクニックを身に付けることが目的のこのイベントは、7月4日(土)富士スピードウェイのジムカーナ場で開催された。
      増岡選手、高橋利武選手、木全厳総監督がゲスト。詳しい開催模様は(http://www.ralliart.co.jp/)で見ることができるゾ。


− ハイパフォーマンスパーツ情報! −

      CHARIOT GRANDISとRVR SPORTS GEARの情報を掲載!
      「ハイパフォーマンスパーツ」の総合カタログは、ラリーアートジャーナルの無料引換券を貼って指定のあて先に送って早めにもらおう。
      有効期限は10月末まで。


− 1998/99 秋冬コレクション −

      最新カタログの請求券が付いてるゾ! 10月1日発売に遅れないように手に入れよう!

      10月末までだから早めに送らなくちゃ。






表紙(49K)

P.2(63K)

P.3(71K)

P.4(65K)

P.5(74K)

P.6(68K)

P.7(65K)

P.8(68K)



way to the
OFFICIAL SITE